両極端な気分のぶれ方は躁鬱症状かも|あなたに適した治療方法

笑顔の女性

社会復帰するまで

笑顔の女性

治療の種類

躁鬱と病院で診断されると、基本的には薬物による治療が行われる。通常はリチウムという気分安定薬が主に使われるが、この薬には躁鬱をコントロールしながら自分を傷つけたりすることを予防する効果がある。だが、効果が高い分使い方も難しく、血中濃度を調整しながら服用しないと副作用が出やすくなる。副作用には胃腸の不快感や下痢、口の渇きや頻尿などがあり、酷い時には足元がふらついて歩けなくなったり意識がなくなったりすることがある。躁鬱の症状があるにも関わらず、うつの時の症状だけ話して躁の時の状態を話さないことでうつ病だと診断されると病院では抗うつ薬が出されることがある。だが、躁鬱はうつ病と似ている症状があっても分類的には違う病気になるため、同じ抗うつ薬を服用しても良くならないばかりか逆に不安や焦燥感が強まって逆効果となってしまうことがある。うつ病のような感じがするが過去に躁の状態になった時もある場合はそのことをしっかり医師に伝える必要がある。薬物療法の他には精神療法というものもある。心理療法とも呼ばれるが、病気がどんなもので薬はどんな役割をしていてどんな副作用があるのかを理解し、再発を防ぐためにそのきっかけとなりうる要因は何が考えられるのかを分析したり、その時の対処法などを学ぶというものである。バランスの取れた生活を送ることも必要不可欠になるため、朝は太陽の光を沢山浴びて軽くジョギングをしたり、夜更かしや徹夜は避けるなどの指導を受けたりもする。そういった知識を身に付けることで、病気とうまく付き合っていくようになるのである。

回復後の治療が大切

躁鬱の症状を克服するには、回復してからどう治療するかがカギを握っている。うつ病の場合はうつ状態だけを治せば良いため、一年程度で病院での治療を終えることも可能になる。だが、躁鬱の場合躁の状態とうつの状態を繰り返して波があるため、一度よくなったからとそこで治療を終えてしまうと再発してしまうことがある。その為、再発を防ぐために病院での一定期間の治療を終えた後も再発予防治療を行っていく必要があるのである。躁の状態でもうつの状態でも無い状態を目指すために、症状が無くても薬を飲み再発予防の知識を身に付けたり訓練していくことである。一度よくなったからと言って薬もやめてしまうと、薬を止めたとたんにまた症状が出てくることがあるので薬は長い期間飲み続けることになる。治療なしでは通常の社会生活や日常生活を送っていくことは難しくなるが、治療をきっちりと受けていれば症状は改善することが出来る。医師の診断を受け入れられない人も多いが、専門的な知識を持った医師は病気を治すには一番信頼できる人物でありどれだけ時間がかかっても一緒に治療を続けていくことが出来る相手でもある。病気を受け入れるのに時間を要しても、治療を早く始めて懸命に続けていけば今まで通りの社会生活や日常生活を不自由なく送れることが出来るようになる日が来るのである。一度回復したからともうこれで治療はしなくてよくなる、ということはないが地道に治療を続けることでコントロールできるようになればずっと楽になるのである。

Copyright© 2016 両極端な気分のぶれ方は躁鬱症状かも|あなたに適した治療方法All Rights Reserved.