両極端な気分のぶれ方は躁鬱症状かも|あなたに適した治療方法

笑顔の女性

受診させる方法

医者

受診しない理由

躁鬱の症状がありながら、病院を受診しようとしない人は多いです。理由は様々あるのですが、主な理由には自分で自分を病気だと思いたくないから、診断されるのが怖いから、仕事が原因で発症しているのならば仕事は休めない若しくは変えられないから病院に行ってもしかたない、などがあります。でもそれは皆同じことで、受診するにあたって多くの人が病気はどれぐらい続くものなのか、気分と病気はどう違っているのか、性格なのではないか、気分が良い時もあるから病気ではないのではないか、など感じていると言われます。皆多くの疑問や不安を持ちながらそれでも病気を理解しようとしない傾向にあります。病気を理解するということは、何も怖いことではなく今よりも症状を改善させたりある程度自分の意思で気持ちをコントロールできるようになったり、回復につながることになることです。それでも自分一人ではなかなか受診まで踏み出せない人も多いです。何を言われるかわからない中、一人で病院に行くことは難しく、行けたとしても一度きりで通院せずに行くことを止めてしまう人も居ます。仕事が第一だと考える人は特に、病院になんか行ってられないと思う人が多いですがそのまま治療を続けないとどんどん悪化して辛くなってしまいます。なので、早めに躁鬱の治療を始めてしっかり通院することが大切です。仕事は治療に専念するために一度休職して症状が良くなったらまた復職することも出来ますし、治療に専念しやすいように仕事を調整することも出来るのです。

一緒に受診する

躁鬱で病院を受診する時は配偶者や両親など家族や身近な人が一緒に付き添って受診するのが良いと言われています。患者本人はうつの状態は自分で自覚しているので、自分の口からしっかり説明することが出来るのですが躁の状態は自覚が無いので説明することはほとんどありません。なので、家では日常生活ではどんな状態なのか、職場ではどんな風に過ごしているのかなど本人が話すこと以外の情報も適切な診断をする上で非常に重要になってきます。他にも、家族で精神疾患と診断された人が居たか、今までもうつと診断されたことがあったか、またそういった症状があったかなどより詳しい情報も役立ちます。躁鬱特有の、うつ状態もあれば躁状態もあるような症状があったかどうか、日常で気になるようなことがあったかどうか受診する前に忘れないようにある程度メモしていくと受診時に説明しやすくなります。また、一緒に受診する時にはうつの時に連れて行こうとすると比較的同意を得られるケースが多いようです。逆に躁状態の時に受診を促すと断られるケースが多いと言われています。治療を早く始めた方が良いですが、だましだまし病院に連れて行こうとしたり無理矢理連れて行こうとすると余計抵抗したり信頼関係が壊れてしまうことがあります。嫌々連れていくよりは本人が行く気になってくれるまで待ってみることも大事です。それでも時間ばかり過ぎて、一向に行く気になってくれないのであれば本人の代わりに家族が先に病院を受診して症状を話してみると良いと言われています。

Copyright© 2016 両極端な気分のぶれ方は躁鬱症状かも|あなたに適した治療方法All Rights Reserved.